目に見えぬ敵により

3月26日、久しぶりのブログです。まさかこんなことになるとは誰も思わなかったでしょう。わたしの住まいは郡山です。日頃からこの周辺は地震には強いといわれており、今まで数多く揺れを感じる事はあっても被害などを受けた事はありませんでした。今回の地震では、わたしの住まいも被害がありました。津波で被害を受けた人に比べるとちょっとした被害ですが本棚や食器棚、買ったばかりのテレビやパソコンと多くのものが倒れこわれました。その晩は家では寝る場所が作れず避難所、友人宅に分かれて一夜をあかしました。大変な事が起きた、と余震に怯えながらまんじりともせずに朝をむかえました。家族や友人の無事を確かめ安堵したのもつかの間。とてつもない恐怖がはじまっていました。原発です。福島県は、地震の日から今も被災が続いています。その恐ろしさは目に見えず、臭いもなくどんなに五感を働かせても感じることはできません。どんどん被害が広がり深刻な状態になっても痛くありません。いわれるままに信じて動くしか術はありません。根本的な解決に至らないので日に日に放射能は蓄積され被害は大きくなっているのに、住民にとっては日常になっていく不安。人によって、幼い子をもっているかなどによって、感じている原発の怖さがいろいろです。30キロ圏内に入ってなくても安心して暮らしているわけではありません。シレーネはいわきが活動の拠点なので、6月の演奏会は開催が無理になりました。現在団員たちは東京、宇都宮、奈良、大宮、会津などに避難していたり、いわきに居て不便な生活でも頑張っていたりしています。原発はどんな収束を迎えるのでしょうか。東電に勤めている家族を持つ団員もいます。見えない敵に怯え将来を描けず復興どころか今現在も被害を受け続けているのです。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック